どんな仕事も意思伝達が大切

ファミレスのアルバイトは大きく分けて二つの役割があり、それはホールとキッチンである。ホールの場合、お客さんとの接客が主な仕事となるのだが、一方で、キッチンの人間に、今どのくらいオーダー待ちのお客さんがいるのかということを伝えることも大きな仕事となる。この伝え方は場所によって様々だが、どの程度お客さんがいるのかを伝えることによって、キッチンで行う仕事の配分を変えることができるため、効率の良い仕事ができるようになる。また、キッチンからホールへと出ていく際に、これから何をしようとしているのかを伝えることで、仕事がどの程度進んでいるのかを他の人伝えることができる。一方で、料理を作ることがメインのキッチンでも、声による意思疎通が大切となってくる。例えば、自分が今から何をしようとしているのかを伝えることによって、他の人が同じ仕事をしないようにすることができる。また、キッチンでは包丁などの危険なものを取り扱うため、そのような危険物を持っているときに他の人に注意を促すようなことを言うことで、不慮の事故を防ぐことができるという利点がある。ファミレスのアルバイトというと、いろいろ大変な面があるという認識が広まっているが、このように仕事場全体のコミュニケーションが大きなカギとなる仕事でもある。コミュニケーション力がないとどんな仕事でも苦労するので、ファミレスのアルバイトで鍛えてみてはいかがだろうか。このような一体感を持った仕事場でイキイキとアルバイトがしたいと考えている人は、一度ファミレスの仕事をしてみるといいだろう。